注射でアンチエイジング|若返りを果たせる魔法|年を取るのが楽しくなる

若返りを果たせる魔法|年を取るのが楽しくなる

レディ

注射でアンチエイジング

注射器

効果を長持ちさせる工夫

ボトックス注射は、注射をしてから半年ほどでその効果はなくなってきます。そこで、注射した状態をキープしたい場合には定期的に治療を行う必要があります。このとき、前回のボトックス注射の効果が完全になくなる前に次の注射を行うと、ボトックスの持続効果が高まるため、完全に効果が切れる前に施術を行うようにしましょう。そして、ボトックス注射を行った箇所周辺の筋肉を必要以上に使うのは避けましょう。筋肉を使うことで筋肉繊維が育ち、これがボトックス注射の持続性を妨げてしまうことがあるためです。顔に打った場合だと、周辺を強くマッサージするような行為は効果の持続性がなくなってしまいます。このような工夫でボトックス注射の効果を少しでも長持ちさせましょう。

ボトックスの効果

ボトックス注射とは、ボトックスと言うボツリヌス菌から取れるたんぱく質の一種を注射して、筋肉の動きを緩めるという効果があります。ボトックス注射は、しわ取りというよりも筋肉の運動由来のしわをこれ以上作らないようにする治療法として使われています。ボトックスを打つことによって、周辺の筋肉が麻痺して緩み、しわを目立たなくすることができます。また、注射した部位は肌のキメが細かくなったりハリが出てきたりと言った効果も期待できます。この他、アンチエイジング目的だけでなく、脇の下に注射することで多汗症の改善にも効果があります。痛みはほとんどなく、施術後2〜3日で効果を実感することができます。ボトックス注射で気になるシワをなくしましょう。